活動レポート

まるで真冬に逆戻りしたかのような
寒い日となった2016年3月11日。
小雨が降りしきるなか、
「第6回東日本大震災追悼・復興祈願祭」が
執り行われました。

■今回の会場、カトリック雪ノ下教会

■今回の会場、カトリック雪ノ下教会

14時15分、約100名の
神道・仏教・キリスト教の宗教関係者の列が
聖ミカエル教会を出発。
小町通り、駅前を通りながら、
会場となるカトリック鎌倉教会へと向かいました。

■聖ミカエル教会を出発

■聖ミカエル教会を出発

■神道、仏教、キリスト教の宗教関係者の長い列が続きます

■神道、仏教、キリスト教の宗教関係者の長い列が続きます

14時46分、教会の鐘の音を合図に
聖堂に集まった参列者の皆さんとともに
5年前のその時に発生した出来事を思い返し、
心をひとつに
1分間の黙祷を捧げました。

■祭壇には、長谷寺から拝借したご位牌が

■祭壇には、長谷寺から拝借したご位牌が

005

その後、各宗派による祈りが
行われました。

まずは、神道の祈り。
烏帽子と浄衣を身にまとった
鶴岡八幡宮の神職、約30名が前に並び、
大祓詞(おおはらいことば)を斉唱、
続いて参列者全員で御祓を受けました。

006

次に、仏教の祈り。
鎌倉市内40ほどの寺の僧侶と
雲水の総勢約80名が祭壇にのぼり、
代表者によるご焼香と「表白」ののち、
「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第廿五偈」と「ご回向」を唱えました。

007

最後は、キリスト教の祈り。
カトリック、聖公会、日本基督教団の7名の司祭、牧師が壇上にのぼると、
司祭・牧師によるメッセージと祈りが捧げられ、
賛美歌、聖歌が歌われました。

009

その後、僧侶と雲水による
般若心経が唱えられるなか、
ご焼香が行われました。

当日は、会場の1時間も前から
多くの方にお集まりいただきました。
また、数多くのボランティアの方々に
お手伝いいただきました。

008

カトリック雪ノ下教会の山口神父によれば、
被災地の災害公営住宅の整備は
5年経った今でも未だ50%。
17万5千人ほどの被災者の方がいます。
プレハブ仮設で孤独死された方約200人。
原発事故による被災者は約10万人といいます。

どうか私達の祈りが届きますように……。

010

(写真撮影者:粂川真木彦)